女性 転職

女性が転職するのは厳しい?女性の転職事情

 平成22年の労働力人口(就業者+完全失業者。以下同。)は2768万人(全編日0.1%減)、生産年齢(15〜64歳)の労働力人口2544万人(前年比9万人減)となった一方で1003年齢中に占める労働力率は63.1%と8年連続上昇すると共に過去最高を記録しました。この上昇率の背景には非正規従業員53.8%(調査以来最高値)という現実があり、勤続就業意欲の上昇(1987年:20%余→2002年29.%強)と相反する傾向が見られます。雇用期間のある契約のもと、遇えなく職を追われ、自らの意識以外のところで転職していく実態が微増ながらみられる一方、安い賃金で、不況になればいつでも雇用調整できる非正規の状態のまま、15年以上という長期にわたって雇用する企業も増えてきています(正規・非正規問わない数値ですが、1990年26%→2004年約34%)。

 

 

女性が転職するにあたって、まず何をすべきか

 転職するうえでまず押さえておきたいのが、女性特有の質問に対する受け答え術です。およそ男性に質問されることのない面接時の質問例の代表的なものとして、「結婚・出産・育児、自己のキャリア形成」等が挙げられます。いずれにしても仕事を続けたいという意欲を積極的にアピールすることが大切です。今は男性も育児休暇を取得することが法律で認められていますから、これらの制度を平等にシェアしようとする考えを夫婦間で共有しておければベターです。キャリア形成についても、男性より女性の方が業務の幅やレベルに差が生じるということは決してありません。むしろ思いやりや気配り、アイデアの柔軟性といった点では女性の方が優れている傾向があります。自分の能力を過小評価せず、自信を持って夢を語れるようにしましょう。

 

 

 

コンサル系の転職支援サイトを利用するメリット

 転職活動に際して、多くの女性の場合、躊躇いと不安を抱えているのではないでしょうか。結婚・出産前のキャリアウーマン振りは、6年間の育児期間のブランクを撥ね退けるだけの魅力はあるのか、有ってもどうやってアピールすればいいのかとか・・・。また、女性の社会進出が浸透しても未だに昇進に歴然とした差があります(これまで5回の転職を経てきた私の実感です)。いずれも総務人事職に従事してきた経験から申せば、学歴・勤続年数・年齢・職位が同じでも女性の給与は明らかに低いのです。このような実態の中で、これといったスキル研鑽も経験の機会も与えられずにきた女性が、独力で転職活動を行うのは困難が伴います。こうした女性にお薦めしたいのがコンサル系の転職支援サイトです。これはサイトに登録後、求人情報にアプローチする方法に加え、キャリアプランの作成や潜在能力の発掘、転職ノウハウ等のカウセリング(相談)の提供をしてくれるのです。勿論すべて無料です。

 

人気記事

 

就職・転職関連サイト
高卒の就職ならお任せ
高卒の就職や転職に関する記事満載

理想の企業像があいまい

 転職したい気持ちだけあっても、どんな企業に転職したいかというイメージがあいまいでは転職先に応募しようがありません。そういう人は、自己分析、業界分析、企業分析という基本的なところからスタートしていかないといけないので、転職の準備に半年ぐらいかかってしまう場合もあります。日頃から、今の企業のどこがどのように不満で、どんなふうに改善されたら嬉しいかを考えておくようにすると、いざ転職となったときに応募先を決めやすいでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/11 10:07:11

面接の受け答えはフィーリングではなくロジカルに

 転職活動の際、本格的な活動スタートの前に、自分の棚卸し等の作業や企業研究を行なったり、活動中には応募書類の作成なども行わなくてはならず、やるべきことはたくさんあります。そのどれもが、内定獲得に影響を与えることはもちろんですが、やはり最も重要になるのは面接です。企業側も書類だけで人材を採用するなどということはなく、面接で直にその人物を見ながら採用するわけです。その面接ですが、受け答えの際、ぼんやりとした感覚的な答えではなく、理論的に話を組み立てながら、具体性のある話をするよう心がけましょう。

続きを読む≫ 2015/03/11 10:06:11

 仕事でイライラすることがあった時「こんな会社もう辞めてやる」と怒りのあまり思ってしまいますが、数日もすれば何で転職したいと思ったのか、自分でも気持ちがわからなくなってしまいmす。隣りの芝生は青く見えるものですので、単なる憧れ程度で転職をしていてはきりがありませんが、もし転職を考えている場合なぜ転職したいのかという明確な転職理由を考えてみましょう。

続きを読む≫ 2015/03/11 09:54:11

面接は積極性が大切

 転職活動をしていて面接を受ける場合に、多くの応募者が受身な対応をするものです。面接とは面接官が応募者に質問をするものという思い込みから、自ら積極的に企業への質問や興味を表明することが少ないのです。たしかに面接は原則的に企業側が応募者を選考する場であり、応募者が主導して行う場合は少ないと思います。しかし、面接官は質問に対して無難に答えるだけの応募者に対して、あまり強い印象を持つことはないでしょう。それだけに、機会を見つけて積極的に質問をしたり、興味や関心を示すことも重要なコミュニケーションとなっていくのです。

続きを読む≫ 2015/03/11 09:54:11

 今までは転職のタミングは20代後半の27〜28歳頃が良いとされ、せいぜい35歳までがピークとされてきましたが、現在では30〜40代でも転職で収入がUPする方も増えてきています。

続きを読む≫ 2015/03/11 09:53:11

 ニートが就職を考えるならば、最低限身に付けておかなければならないものがあります。それは、働けるだけの体力です。

転職をする事は、誰もが一度は経験する事かもしれません。私も、転職をした経験があります。経験者からのアドバイスとして、転職の際は、自分がやりたい事を明確にすることです。

 新卒で就職した会社を13年で辞めた後、派遣を含め6社を経験した私の経験を踏まえ、特に事務職での転職を考えている女性にアドバイスできるとしたら以下の3点です。

 就職浪人をしている人を含めた大学卒業後、進学や就職をしていない人の割合は現在、13.6%になっていることが分かりました。これは決して低い数字とは言えません。

もう10年以上前の体験談です。大学は4年生大学に通っていました。
当時TOEICのスコアが770点、大学生にしては悪くないスコアでした。
就職活動は3年の夏から始めましたが、当時は本腰が入らず、筆記試験で落とされることがほとんど、面接まで進めることはごく稀でした。

 

続きを読む≫ 2013/09/21 14:51:21 転職体験談