転職して年収がUPする人の特徴とは?

 今までは転職のタミングは20代後半の27〜28歳頃が良いとされ、せいぜい35歳までがピークとされてきましたが、現在では30〜40代でも転職で収入がUPする方も増えてきています。

1すぐに給与UPを狙わない

 今の給与に不満がある場合、転職した際の給与が即上がるのを期待しすぎてしまい、基本給が高い会社へ転職してしまいますが、長くその会社で勤務したいと考えた場合、将来のビジョンを考えておかないと、大きく給与が上がることがありません。

 

 転職で給与がいくらか上がったとしても、職場によっては勤続年数が上がっても給与はそこまであがらないといった場合もありますので、先のことまで考えて転職する必要があります。

 

2同業種に転職

 社会人歴がいくら長くても、未経験職へ勤務した場合では新人と同じ扱いをされるうえ、給与もそうよくはありません。会社が中途採用をする理由は、即戦力となる人材を求めてのことですので、いくら他業界での職歴が長くても、未経験職ではつぶしの利かないことも多いので、なるべくなら同業種に転職した方が良いでしょう。

 

3経営が上向きな会社に転職

 どんなに給与が良い会社に転職してみても、外見は立派でも経営状態が悪い会社と知らず転職してしまっては、もしかしたらボーナスも出ない状態になるかもしれません。転職前には業界内の噂なども参考にして、転職を考えるようにしましょう。