面接は受身になり過ぎないように注意しよう

面接は積極性が大切

 転職活動をしていて面接を受ける場合に、多くの応募者が受身な対応をするものです。面接とは面接官が応募者に質問をするものという思い込みから、自ら積極的に企業への質問や興味を表明することが少ないのです。たしかに面接は原則的に企業側が応募者を選考する場であり、応募者が主導して行う場合は少ないと思います。しかし、面接官は質問に対して無難に答えるだけの応募者に対して、あまり強い印象を持つことはないでしょう。それだけに、機会を見つけて積極的に質問をしたり、興味や関心を示すことも重要なコミュニケーションとなっていくのです。

話すことと聞くことのバランスが重要

 面接官の質問に対して、ただ自分が思うことを答えているだけでは消極的な印象を持たれる可能性があります。転職というのは、応募者にとっても非常に重要なことのはずです。今後の人生に大きな影響を持つことでもあるからです。それにも関わらず、今後に自分が入社するかもしれない企業に対して、質問が無かったり興味や関心が無いのは少しおかしなことでもあるのです。企業側に対して、自分はどういう興味を抱いているのか、そして自分が入社した場合にそのように貢献していきたいのかをアピールすることが重要なのです。面接を受ける際には、受身になって受け答えをするだけではなく、積極的に主体的なコミュニケーションを試みるようにしましょう。