転職活動の面接では、理論的で具体性のある話を心がけましょう

面接の受け答えはフィーリングではなくロジカルに

 転職活動の際、本格的な活動スタートの前に、自分の棚卸し等の作業や企業研究を行なったり、活動中には応募書類の作成なども行わなくてはならず、やるべきことはたくさんあります。そのどれもが、内定獲得に影響を与えることはもちろんですが、やはり最も重要になるのは面接です。企業側も書類だけで人材を採用するなどということはなく、面接で直にその人物を見ながら採用するわけです。その面接ですが、受け答えの際、ぼんやりとした感覚的な答えではなく、理論的に話を組み立てながら、具体性のある話をするよう心がけましょう。

基本的な受け答えの構成はこのように行います

 面接での受け答えをロジカルに行うには、基本の流れがあります。まずは、結論から話すようにしましょう。そして、その結論に至る道筋を少しずつ明確にしていくように話していきます。その際、その一つ一つの話が長すぎてしまっては逆効果なので、なるべく簡潔にまとめるようにしましょう。さらにその話が具体的であり、数字や客観的なデータをもとにしてあると、説得力も増していきます。また、面接では、意味がよくわからないカタカナ言葉は避け、面接官の真意をくみ取りながら受け答えするようにしましょう。頑張ってください。