転職の準備が長引いてしまう要因とは

理想の企業像があいまい

 転職したい気持ちだけあっても、どんな企業に転職したいかというイメージがあいまいでは転職先に応募しようがありません。そういう人は、自己分析、業界分析、企業分析という基本的なところからスタートしていかないといけないので、転職の準備に半年ぐらいかかってしまう場合もあります。日頃から、今の企業のどこがどのように不満で、どんなふうに改善されたら嬉しいかを考えておくようにすると、いざ転職となったときに応募先を決めやすいでしょう。

スキルが不足している

 希望する企業はもう決めてあるけれど、語学力が不足しているとか、別業界なために身に付けるべきスキルがあるという場合もあるでしょう。そういった場合は、万全の状態で転職活動を開始するために、スキルアップの時間をとらないといけません。スキルアップのための資金調達も必要になってくるでしょうし、1年以上の準備が必要になる場合もあります。

 

職場が忙しい

 本人には何の問題もなくとも、職場が忙しすぎる場合は、なかなか転職のための時間を作れなかったりします。また、しつこい引き止めにあってしまい、転職先が決まっても退職交渉が長引くこともあります。そういう場合は、職場の忙しい時期を避けるために数ヶ月じっと待って転職活動を遅らせたほうがいいでしょう。